えむお〜ページ

教師であり父でありApple好きな人が書くブログ

Apple Watchを使って寝る時間を知らせてくれないか試した

f:id:Moblog:20200708083441p:image

みなさん、いつも何時に寝ていますか?

何を隠そう私は、睡眠について強いこだわりがあります。昔から夜は早めに寝ることを心がけています。学生の頃は単純に眠いから寝てしまうという具合でしたが、社会人になってからは自身のコンディションをコントロールするためにも早めに寝ることを意識しています。

しかし最近、夜に読書をしたりブログサーフィンなどをしていて、ついつい夜更かし(と言っても世間一般的にはまだまだ早い方でしょうが)してしまっています。読書やブログについて書いた記事は下記のページをご覧ください

ふとひらめいたのが、Apple Watchを使って寝る時間を通知する機能は無いのかと言うことでした。ついつい夜更かししてしまいそうな時でも、Apple Watchから「そろそろ寝る時間ですよ」なんて通知があったら、規則正しい生活ができると思うんですよね。

今日は、ここ数日試した「Apple Watchで寝る時間を知らせるよう設定してみた」ということについて話していこうと思います。

iPhoneのベッドタイムを設定する

まず初めに思いついたのが、iPhoneのベッドタイムを利用することでした。iPhoneには純正の時計アプリでベッドタイムという機能があります。これは、寝る時間と起きる時間を設定して、どれぐらい睡眠時間として確保できるかをわかりやすく表示してくれる機能です。

また、この機能を使ってiPhoneでアラームを設定すれば、朝はApple Watchのバイブレーション機能で起こしてくれるのでとても気にいっています。

しかしこれには弱点があり、寝る時間を知らせる機能はないんですよね。私が欲しい機能は、例えば11時になったら「そろそろ寝る時間ですよ」と通知する機能です。

なのでこのベッドタイムはしばらく利用した後、やめて別の方法を試してみることにしました。

 

Apple Watchで寝るまでのカウントダウンを表示する

次に試したのが、Apple Watchを使って寝るまでの時間をカウントダウンさせる方法です。「あと何時間何分後に寝る時間になるのか」というのが時計を見てすぐにわかり、これはこれで面白い方法でした。

この方法は、普段podcastで聴いているごりゅごcastでごりゅご夫妻が話していた方法です。

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%25E3%2581%2594%25E3%2582%258A%25E3%2582%2585%25E3%2581%2594cast/id1373668452?i=1000476743420&at=10l8JW&ct=hatenablog

ごりゅごさんは、起きた瞬間に、16時間後に寝るというようにタイマーを設定していたようです。私はこれを参考にして、平日部活動が終わったら5時間後に寝ると言うつもりで5時間タイマーを設定してみました。

 

この方法はとてもユニークで、「後○時間後に寝る」と言う具合にカウントダウンを設定することで時間に対する意識が変わりました。寝るまでの時間を、てきぱきと充実した時間になるよう意識して行動することができるようになりました。

人はカウントアップは得意だけれどカウントダウンは苦手、と言う文章をどこかで読んだことがあります。「起きていられるのもあと○時間だ、○分だ」と意識することで無駄な時間をすごすのはもったいないと考えるようになりました。

とてもユニークな方法でしたが、私は平日仕事や家庭で何度もタイマーを使うので、この方法は合いませんでした。iPhoneやApple Watchのタイマーは1度に1つのタイマーしか起動できないので、この方法をとってしまうと他の場面でタイマーを利用することができません。

 

たすくまで寝る時間を通知させる

そして最近試しているのが、タスクシュートアプリ「たすくま」を使って寝る時間を通知すると言うものでした。

これを使えば、決められた時間に決められた文章で毎日通知が来るように設定することができます。おそらく私が行いたい機能としては、この方法が最も良いと思います。
設定した時刻になれば毎日「そろそろ寝る時間です」と通知してくれる良いなりました。欲を言えば、たすくまのやや無機質な通知ではなく、もう少し可愛い通知が良いのですが。この辺は自分で通知するときの文章を変えて楽しんでいこうと思います。

 

将来的には純正ベッドタイムアプリで通知をしてほしい

今秋のOSアップデートで、Apple Watchで睡眠の質を計測できるようになりました。おそらくこれからもどんどんヘルスケア機能については向上していくのだろうと思います。

いつもの行動パターンを読み取り、Siriが「いつもこの時間にはこのアプリを開いていますよ」だとか「そろそろ寝る時間ですよ」なんて言う通知をするようになると言う話もあります。私としては、朝や夜のルーティーンを教えてくれるのはとても助かるので早く実装してほしい機能です。

規則正しい生活ができるよう、これからもApple Watchなどをうまく活用していこうと思います。