えむお〜ページ

教師であり父でありAppleが好きな僕が書くブログ

丸つけは面倒!採点スピードをあげる2つのポイント

f:id:Moblog:20191007123006j:image

2学期の中間テストが終わりました。

 

本校は3期制です。各学期に2回ずつ定期テストが行われます。(3学期のみ1回だけです)

 

定期テストが終わると待っているのは採点。採点って大変ですよね。一つ一つ合っているか判断し、丸か×をつけていく…。数学の採点なので合っているか間違っているか判断しやすいのがせめてもの救いです。

 

さて、今日は僕が今年度より行なっている採点の工夫について書いていこうと思います。モットーは「早く、かんたん、正確に」です。それぞれの頭文字をとって「はかせ」。僕なりの採点はかせになる工夫を書いていきます。

 

丸はつけない

丸つけとよく先生方は採点のことを表現しますが、僕の場合は丸はつけません。間違えた問題に斜めに斜線をつけるだけです。理由は単純。丸をつける手間を省くためです。

 

今年度からこれを実践してみて、驚く程その効果を感じています。

 

テストの問題が40問だとして、半分の20問分丸をつけるとしましょう。クラスの生徒が約35人。僕は4クラス分採点を行うので・・・20問×35人×4クラスで2800回!丸を1つつけるのに0,5秒だとすると1400秒!!

 

単純計算で23分の時間短縮につながります。

 

時間の短縮も大きなメリットですが、僕の場合は手が疲れなくなったことも大きなメリットだと思います。2800回分の丸を書くってどうなんでしょう。計算してみてちょっと自分でもその数の多さに驚いています笑。

 

また、答案用紙がすっきりするのもメリットだと思います。丸と×があるとちょっとごちゃごちゃするんですよね。斜線のみの方がすっきりしていて、自分の間違えたところに注目しやすくなるんじゃないかな、と感じています。

 

「テストに丸をつけないといけない」って誰が決めたんでしょう?当たり前だと思っていたことですが、この当たり前に疑問を持ってやめてみることで新しい発見があります。これは、その一つです。

 

ちなみに、普段生徒が答え合わせをするときには「丸をつけて自分にご褒美をあげてね」と言います。せっかくやったのに×ばかりじゃ嫌になっちゃいますからね笑。

 

全員分を1問ずつ採点する

今までは大問をいくつかに区切って採点していましたが、今は4クラス分いっぺんに1問ずつ丸つけをします。答えや採点基準を暗記しながら採点できるからです。

 

これをすることで各段にスピードがあがりました。毎回「この答えなんだっっけ?」と確認するのでなく、頭をあまり使わずに目で見て単純作業として採点することができるようになったのでかなりオススメです。

 

また、部分点の基準ミスもだいぶ減りました。生徒の間違え方ってある程度パターン化されるんですよね。なのでこのパターンは2点、このパターンは1点、とてきぱきと判断することができるようになりました。

 

採点に時間をかけずに別のところに時間をかけよう

今では少しずつテスト作りや採点も外注化ができるようになりました。僕は採点に時間をかけるよりも、誤答のパターンを分析したり、浮いた時間を教材研究に活かしたりする方がよっぽど生産的だと思います。

 

いつかテスト作りは業者を、教師は授業作りをなんて日が来ないかな〜と妄想しています。なんやかんやテストを作るのも採点するのも嫌いじゃないんですけどね笑。生徒の理解度が伝わりますから。

 

何にどこまで時間をかけるのか。これからの教師にとって必要な考え方だと思います。

 

採点に時間をかけずにあいた時間に授業作りを!