えむお〜ページ

教師であり父でありAppleが好きな僕が書くブログ

ウグイス嬢はなぜあの独特な言い回しなのか〜サチコ(仮名)21歳の場合〜

こんにちは、えむおーおじさんだよ。

おじさんのことを知らない人はこの辺の記事を読んでおじさんのブログのPV数を増やしてきてね!

ドラゴンボール孫悟空の兄バーダックの名前の由来は?おじさんが教えたげる

「だから僕は音楽を辞めた」ヨルシカ の魅力をおじさんが語る

Macユーザー必見。指3本で魔法を使う方法。

 

どう?読んだ? ひどいでしょ。

 

でも今日は今までで一番ひどい。あ、戻らないで!頼むからスッとブラウザの画面を戻さないで!直帰率を上げないで!ね、ブラックサンダーあげるから!今なら3つあげる。ね!だから帰らないで。まぁゆっくりしていきなよ。

 

 

ウグイス嬢って知ってる?

甲子園が始まったね。甲子園、みてる?

 

おじさんの住んでる県の代表校はもう負けちゃった。あっさりとね。いいの。そんなもん。あの場に行けることがまずすごいことだからね。あの名作タッチも甲子園出場までを長々と全26巻で描いているわけ。完全版なら12巻。お得。いや、何がお得なの?

 

  

おっと、危ない。おじさん、自分で自分が張ったアフェリエイトクリックしちゃうところだった。これはダメね。みんなも引っかからないように気をつけてね。ちなみにおじさん、どんどんアフェリエイト張ってくから覚悟してね。

 

タッチってさ〜。本当、名作だよね。まずタイトルが秀逸だよ。タッチ。たっちゃんのあだ名なのかな〜って読み進めていったらびっくり仰天、かっちゃんからたっちゃんへ「タッチ」なのね。南びっくり。

 

で、なんだっけ?あ、そう。ウグイス嬢ね。まずは何も言わずにこれを聞いて欲しいの。あ、今月のギガがもうそんなに残ってない人はクリックしちゃダメね。おじさん、気がきくから一応1分くらいの短いの用意したよ。

 

ウグイス嬢ってのはこんな具合で甲子園とかプロ野球の試合中に選手の紹介をしてくれる人のことね。それを踏まえた上でもう一回見てきて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

・・・お気づきだろうか?

 

例えば普通「しのはらくん」っていう時には「し→の↑は→ら→く→ん↓」って言わない?けどウグイス嬢の皆さんは「し↓の→は↑ら↑く→ん↓」っていうわけ。不思議でしょう?おじさん、これが気になって気になって夜しか眠れないわけ。←このフレーズ聞いてピンときた人はもうおじさんの記事のトリコだね。ようこそ、ホグワーツへ。

 

なぜあの独特な言い回しなのか

気になって夜しか眠れないわけだから困る。昼も寝ちゃったらもっと困る。そんなわけでちょっとGoogle先生に聞いてみたわけ。あ、Google先生、いつもアドセンス でお世話になっております。

Googleアドセンス3回目の申請で合格!僕が申請時にしたこと

 

調べてみたらこんな候補が上がってきたのね。

  1. 関西弁由来説
  2. 逆に方言が出ない方にしている説
  3. 聞き取りやすくしている説

 

でもおじさんとしてはこの候補には全て疑問を持たざるを得ない。君が!泣くまで!殴るのをやめない!!

「僕は 君が 泣くまで 殴るのを」の画像検索結果

 

ごめん。今いきなり頭に浮かんできたの。おじさん、だいたいこのシリーズを書くときはインスピレーションを大事にしているのね。だから思いついたらちゅうちょはしない。

 

で。

おじさんとしては次から紹介する説を推し進めていきたいわけ。ちょっと話すから聞いててね。ブラックサンダー追加したげる。

 

サチコ(仮名)21歳の場合

サチコは青森生まれ青森育ちの生粋のりんご娘。

 

 

 

サチコ「このクァし タゲめ!」(このお菓子すごく美味しい!)

友人A「んだが、わさも わんつか け」(本当?私にも少しちょうだい)

    「わい、メジャ!」(わあ、美味しい!)

サチコ「んだべ、もっと け!」(そうでしょ、もっと食べて!)

津軽弁の会話より

 

 

 

 

サチコ(9)は今日も大好きなりんご飴を舐めながらふとTVがついているのを目にします。そこで聞いたこのフレーズに衝撃を受けます。

 

鴬嬢「ご↓ば→ん→。ピッチャー、た→な↓か↑く→ん→。た→な↓か↑く→ん→。」

サチコ「!!!!」

 

サチコ(東京のオナゴはみんな、こんな喋り方をしているの?私、東京にいきたい!!)

 

 

 

 

 

〜2年後〜

田中「kfdさ、おぺあj:p@ー!」(やーい、お前変な喋り方ー!)

 

サチコ(11)「や、やめて!た→な↓か↑く→ん→。お願い、やめて!た→な↓か↑く→ん→。」

 

田中「目kgJ、AL;絵おwpね逢おp」(なんでお前そんな喋り方なんだよー気持ち悪い!)

 

男A「fじぇ、おあひえあ!」(おい、たなか!一緒にキャッチボールしようぜ!)

 

田中「fdさぇお!」(お!いいな!オッケー!)

 

 

サチコ(11)「た→な↓か↑く→ん→・・・。」

 

 

 

 

 

 

〜それから7年後〜

「野球 負け」の画像検索結果

ぷおーーーーーーーーーーーーー(サイレンの音)

 

 

 

 

田中「ヒック・・・ヒック・・・」

田中「負けおh隊おエア」(負けちまった…。俺たちの夏が終わった…。)

 

サチコ「た→な↓か↑く→ん→、泣かないで。」

 

田中「絵じょー!あいえあだsjdp!」(うるせー!マネージャーのお前に何がわかるんだよ!)

 

 

サチコ「そうよね、た→な↓か↑く→ん→。けど、私、みんなと一緒に甲子園優勝目指して頑張ってきて、とっても楽しかった。それは嘘じゃないと思うの。」

 

田中「サチコ・・・」

 

サチコ「た→な↓か↑く→ん→、私と一緒に次の夢、見つけようよ!」

 

田中「サチコ・・・!」

 

 

〜それから3年後〜

 

サチコ「いよいよだわ・・・。」

 

今日がサチコにとって初めての大舞台。3年前、悔しい思いをした球場にまた帰ってきた。3年前と違うのはサチコの座っている場所がベンチではなく、バックネット裏の放送席だということ。そして、バッターボックスには夫となった楽天、田中選手の姿。

 

 

そしてサチコは静かに一度深呼吸をしたのち、よし!と気合いを入れてマイクに向かってアナウンスを始めた。小学生の時にTVで見たあの光景をずっと夢見ていた少女の夢はついに現実のものとなったのだ。

 

サチコ「バッターは、1番、ショート、た→な↓か↑く→ん→」

 

 

編集後記

ひどい

 

あまりにもひどい

 

なんだ、これは。この駄文は。日記ですらないぞ。

 

 

でも許して欲しい。普段は真面目なことを書いているんだけど、時たまふざけたいときだってあるじゃない。決して3連休、家事のやりすぎで嫌になったわけではない。

 

もし、万が一この記事を最後まで読んでくれていたとしても、どうか僕のことを嫌いにならないで欲しい。そして、できれば明日はまたきちんとした記事を書くので許して欲しい。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。