林檎と教育

教師であり父でありApple好きな人が書くブログ

iPadはデジタルとアナログを融合させる道具!手書きメモアプリ3選

f:id:Moblog:20201118121811j:image

iPadのオススメアプリ何?と聞かれることがあります。

 

iPadで何をするかでオススメするアプリが変わってくるので、そんな時は「iPadを使って具体的に何をしてみたいか」を聞くようにしています。(場合によってはiPadじゃないものを勧める必要もあります)

 

iPadを使いたい先生の多くが

  1. 教科書をiPadに保存する
  2. 資料をiPadで管理する
  3. iPadでメモを取る

などを挙げます。今日はそんな使い方をしたい人に、「iPadはデジタルとアナログを融合させることができる道具ですよ」と魅力を伝えられればと思います。

 

デジタルとアナログを融合

Apple Pencilで手書きをする

惇先生の本に「iPadはデジタルとアナログを融合させるアイテム」と書いてありました。(表現は少し違ったかもしれません)

 

確かにiPadという製品を改めて見直すと、この言葉がiPadの魅力をしっかり伝えているな、と感じます。iPadはデジタルとアナログを融合させた道具なのです。

 

もう少し具体的にいうと、iPadはApple Pencilを使うと手書きでメモを取ることができるようになります。

 

まるで紙とペンで書いたメモ(アナログ)を保存(デジタル)することができる。そして、iPadがあれば何十何百というメモをいつでもどこでも見返すことができる。

 

こんな魅力があるからこそiPadを手帳の代わりやノートの代わりに使いたいという人がたくさんいるのでしょうね。(もちろん、私もそんな使い方に憧れてiPadを使い始めたわけです)

 

検索ができる

ただ手で文字を書くだけでは紙とペンで事足ります。しかし、デジタルにはアナログにはできない良さがいくつもあります。その一つが検索ができるという点です。

 

皆さんは「あれどこにやった?」とあちこちにあるファイルからプリントを探す経験をしたことはありますか。教師ならば一回は必ず紙々との戦いをしたことがあるはずです。

 

iPadなどのデジタル製品を使えば後から簡単に検索することができます。適当に書いたメモでも、後で調べるであろう単語を鍵として入力しておけば、必要な時にサッと取り出すことができます。

f:id:Moblog:20201118112726j:image

 

いつでも見返せる

メモを一つに集約しておけば、それさえ持っていればいつでも見返すことができます。私の場合は、iPadに全てのメモを入力(手書きのものも含めて)するようにしているのでiPadさえあればいつでも確認ができます。

 

後から見返すことで、ちょっとしたアイディアをさらに深掘りしたり、調べて付け足したりして立派な思考に発展させることができます。アイディアは見返してこそ価値のあるものになります。

 

ハッと思いついてものはささっとメモ(私の場合は手書きが多いです)をする。しばらくして数分の隙間時間にメモを見返す。そこで思いついたことをさらに付け加える。ある程度育ったアイディアは授業やその他諸々のアウトプットにつなげることができます。

 

オススメのアプリ

具体的にどんなアプリがあれば手書きメモを取ることができるのでしょうか。今日は3つ紹介したいと思います。

1 メモ

メモ

メモ

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料

iPadを買うと最初から入っているアプリ(純正アプリ)にメモというアプリがあります。アプリを開いてApple Pencilでポンと画面を叩くとすぐに手書きのメモを取ることができます。純正なので動作が軽く、無料で使えるのが良いところですね。

 

また、定規を使って真っ直ぐな線を引いたり、ペンの種類や色を変えたりすることもできます。

f:id:Moblog:20200507084443g:plain

画像だとカクカクしていますが、本当は驚くほど滑らかです

 

メモなのでキーボードで文字入力をすることも可能です。昔は純正メモアプリは文字入力をすることぐらいしかできませんでしたが、今ではこれがあれば十分という人もいるくらいです。

 

2 GoodNotes

iPadを使っている人で今最も使われているといっても良いアプリが「good notes 5」です。

GoodNotes 5

GoodNotes 5

  • Time Base Technology Limited
  • 仕事効率化
  • ¥980

 

これについては詳しくは下の記事に書きましたので良ければご覧ください。 


値段が1000円近くする有料アプリですが、私はそれ以上の価値があると思っています。

  1. プリント類をiPadに取り込んで手書きのメモをする
  2. 学習指導要領などの資料や教科書をiPadに取り入れる

純正メモアプリとの違いは、 PDFに書き込みができることです。

 

ぜひiPadを手帳代わりに、または資料管理に使いたい人はインストールしてみてください。1000円払って後悔はしないと思います。 

 

3 Penultimate

最後は私が手書きメモを取るときに使用するアプリです。

Penultimate

Penultimate

  • Evernote
  • 仕事効率化
  • 無料

 

上記二つのアプリと違うところは、手書きで書いたメモを自動的にevernoteに保存してくれるところです。私は普段、あらゆる資料をevernoteに保存しています。殴り書きや授業アイディアの構想メモなどのちょっとしたメモはpenultimateを使ってメモをし、保存しています。

ちょっと用途が独特なのであまり人にはお勧めしていません笑。一応皆さんに紹介しておきますね。

 

さいごに

アプリを使いこなしてiPadをデジタルとアナログを融合させたツールに!

 

「iPadを使ってみたいな」という人が想像する用途は、今日紹介したようなアプリで可能だと思います。オススメはGoodNotes 5ですが、「有料はちょっと・・・」という人はまずは純正アプリを使いこなしてみるのも良いかもしれませんね。

 

少しでもみなさんの参考になれば幸いです。