えむお〜ページ

教師であり父でありAppleが好きな僕が書くブログ

【新型iPhone】iPhone 11の8つの噂と個人の見解まとめ

f:id:Moblog:20190909055757j:image

Appleイベントまであと2日となりました。

 

明後日の今頃には新型iPhoneなどの製品が発表されていると思うとワクワクしますね。

 

さて、今日はこれまでの新型iPhoneの噂と僕個人の見解をまとめていこうと思います。

いろんなサイトでも書かれていますので、意識して個人の考えも書いていきます。あくまでも僕個人の考えということをご了承の上あたたかい目で見守っていただけると幸いです。笑

 

名称

簡単にまとめると以下のようになるようです。

iPhone XR→iPhone11

iPhone XS→iPhone11Pro

iPhone XS Max→iPhone11Pro Max

 

ただ、名称に関しては直前に決まるため最後までわからないといった話もあります。最近のiPhoneは箱にもiPhoneとしか印字されていなかったり、iPhone自体には名前が書かれていなかったりしますからね。

 

あくまでもメディア用、商標用の名前なので直前までわからないという話です。

 

個人的にはgori.meさんの下の記事に同意。XRはXSの廉価版という見方が出てしまったので、ぜひ「一般ユーザーはiPhone11。最新高性能なiPhoneが欲しければProを買ってね」というコンセプトがいいな〜と思います。

 

gori.me

 

カメラの変更

カメラはiPhone11はデュアルレンズ、Proシリーズはトリプルレンズに変更。

それに伴ってカメラ部分のデザイン面も変更になるという話です。

f:id:Moblog:20190908045012p:plain

かなり早い段階から情報を入手していたMACお宝鑑定団

この辺りのレンズの変更については昨今のスマホカメラの進化に対応という見方もある一方で、AR技術にも対応するべく導入されているという見方もあるようです。

 

ただ、個人的にはスマホをかざしてのARはあまりスマートではないと感じます。メガネ式のARレンズもAppleらしい未来の製品ではないイマージ。野暮ったい。

 

この辺りはハードデザインの神スティーブ・ジョブズだったらどんな製品を作るのだろう…なんて妄想してみるのも面白いですよね。

 

基本的なデザインはほぼ変化なし

ディスプレイ含めデザインに関しては大きな変化はなさそうです。噂では切り欠き部分がほんの数ミリ薄くなるという話です。

 

デザインに関してはAppleは昔からさほど大きな変更をしないことで有名です。(もちろん例外もありますが。

 

今回はXシリーズになってからまだ数年ということもあり、おそらく変更はなしといって良いでしょう。

 

Face IDの改良

実は僕、7plusユーザーなのでFace IDを使ったことはありません。個人的にはFace IDよりもTouch IDの方がまだ早さや精度が上と感じているので。

 

また、暗いところやマスクでは認知されない問題が気になります。この辺りの解答として2020年以降のiPhoneに画面内指紋認証という噂も出てきました。

 

ただ、今回の改良によって第二世代のFace IDになったことでどれだけ変化があるのかが楽しみです。 

 

余談ではありますが、僕の職場の先生(20代)がiPhoneXを購入したのに番号ロック解除をしていたのを見て「まだまだ知られていないんだな」と感じたことがあります。

 

そのかたにFace IDを教えたら「すごく楽になりました!」と興奮されていました。僕にとっては知らないことにびっくりしたのですが、一般ユーザーの認知度ってこんな感じなんですね。

 

バッテリーCPUカメラは当然性能アップ

これは毎度のことですから。ただこれも個人的には普通に使う分にはiPhoneは十分なスペックになってきたと感じています。

 

Xシリーズユーザーなら性能面で買い換える必要はないでしょう。

 

双方向充電に対応は多分ない

f:id:Moblog:20190908050448p:plain

多分実現はしないと思います

Galaxyなどで導入された双方向ワイヤレス充電。個人的には実現はされないかと思います。

 

技術的にはできても、一般ユーザーに必要かどうかが疑問。そういう実験的な要素はAndroidに任せておけ!というのが持論です。

 

そもそもiPhoneって2台持ってる?100歩譲ってAirPodsを充電するのならまだわかりますが、あまりスマートではない印象です。

 

Apple Pencil対応も多分ない

理由は簡単で「AppleにとってApple PencilはiPadのもの」だからです。 

 

iPhoneにProという名前がついたことによってApple Pencil対応くる!?という話がありますが、Proの名前でApple Pencilが対応したのは以前のiPadシリーズですね。

 

今はiPadは全てApple Pencil対応ですから、iPhoneとの差別化を図る上でもiPhoneにApple Pencil対応させることはないかと。

 

そういうのもGalaxyに任せておけば良いかと笑。

 

2020年以降iPhoneは大きく変わりそう

ここにきて2020年以降のiPhoneの噂も出てきました。小型iPhoneの再登場(iPhoneSE2)だったり、廉価版iPhoneの登場だったり。

 

Appleは製品も素敵ですが、OSなどのアップデートに古い機種でも対応すること、それどころか古い機種でもOSのアップデートで動作が早くなることが驚異的な点だと思うので、早く一般ユーザーにもその点が理解されて欲しいところ。

 

さいごに

新型iPhone、僕は今回も見送りかな。7plusでいいんだもの。iPad、Apple Watch、MacBookユーザーの僕からするとiPhoneの進化はすでに十分な性能になっています。

 

Appleは連携力が強い。これにもっと気がつく人が今後増えてくるとまた違った使い方ができるのだと思うのですけどね。

 

さて、噂がどこまであっているか発表を楽しみに待ちますね。