えむお〜ページ

教師であり父でありApple好きな人が書くブログ

iPhoneユーザーが次に買うべきApple製品は?

f:id:Moblog:20200520113939p:image

私、iPhoneを持っているんだけどAppleの製品でオススメはなんですか?

先日、こんな質問をされました。考えたことのなかったことだったので面白い質問でした。今現在(2020年時)、Apple製品は大きく分けて以下のようなラインナップです。

  • Mac
  • iPad
  • iPhone
  • Apple Watch
  • AppleTV
  • Airpods

他にもiPod touchやhomepodなどもありますが、一応この記事ではメジャー(と思われる)製品を扱います。

特に最近ではApple Watch

さて、今日はこれらの製品の中から、iPhoneを持っている人に私が勧める製品は何かを話そうと思います。

結論:iPhoneの次はiPadを買うべき

まずは結論です。私は、iPhoneの次にはiPadを買うと幸せになれる人が多いと思っています。

厳密にいうと、その人がApple製品に何を求めるかで勧める製品は当然変わっていきます。音楽をよく聴く人ならAirpods、プログラミングアプリ開発などをしたいのであればMacです。

 

私は教師をしているので、当然私の周りには同じように教師をしている人が多いわけです。この結論は、言い換えればiPhoneを持っている先生はiPadを買うと幸せになれる人が多いとなりますかね。

次からはなぜ私が学校の先生にiPadを勧めるのかを話していこうと思います。

 

理由①iPadは紙との相性が良い

学校現場はいまだに紙王国です。毎朝学校へ行くと職員室の机上に何枚もプリントがあってうんざりするほどです。最近では学校内の掲示板が導入されましたが、いまだに資料は紙文化です。

※余談ではありますが、以前「なぜ紙の資料を配るのですか?」と聞いたところ「掲示板では資料を開かない人が多い。紙であれば目に入るでしょう」と答えが返ってきたことがあります。これには残念ながら納得せざるを得ません。資料を受け取る側のリテラシーもまだまだ低いのが現状です

紙に埋もれてしまう職員室の机上も、iPadがあれば紙々から解放されます。

紙をスキャンして処分し、必要なときに必要な資料をすぐに出すことができる。これはiPadの魅力だと思います。検索できるというのはデジタルの強みですからね。

私は「iPadを買ったんだけど、良い使い方ないかな」と聞かれたときにはまず紙の資料をスキャンする方法を教えます。それだけ、学校の先生は紙との戦いに日々苦労しているわけです。

理由②iPadはApple Pencilが使える

ここまで言うと、「それってiPhoneでもできるよね」と返事が返ってきます。中には「iPadって、大きいiPhoneなんじゃないの」と言う人もいます。(本気でそのように感じています)

正直数年前までは、そういった人たちにiPhoneとiPadの違いを説明するのに苦労していました。しかし今はiPadとiPhoneは違うと言えます。すべてのiPadでApple Pencilが使えるようになったからです。

 

Apple PencilがあればiPadにまるで紙にメモをするかのようにスラスラと絵や文字を書き込むことができます。実際に、Apple Pencilで文字を書く姿を見せると多くの人が感動してくれます。職員会議や学習指導案、学習指導要領解説などをデータ化してメモをすることでアナログ手帳以上の価値を見出すことができます。

できればiPadで使うペンはApple Pencilが良いですね。私は、iPadにケースやカバーをつけるよりもまずpencilを買って使いこなして欲しいと思っています。

 

理由③iPadで多くのことができるようになった

最後はMacではなく、iPadを勧める理由です。学校の先生にとっては、Macは必要な製品ではありません。学校現場は紙王国であるとともにWindows王国です。MacでもWordやExcelを使うことはできないわけではありませんが、レイアウトがずれてしまったりマクロが使えなかったりするため、オススメしません。

むしろpcに関してはMacではなく素直にSurfaceLaptopなどを買った方が幸せになれるかもしれません。私の場合は、 SurfaceLaptopを買ったものの、違和感が拭いきれずMacBookを買い直してしまったのですが。

 

Macは必要ありませんが、iPadは買った方が良いです。理由①や②で紹介したような紙をスキャンしてpencilでメモをする使い方は、他のタブレットよりもiPadの方が得意です。私個人の考えですが、Apple製品はpc関連に疎い人でも使える、AndroidやWindowsはpc関連に強い人だと使いこなせると感じています。

学校の先生はあまりpcに詳しい人はいないと思いますし(比較的、ですよ!)、学校の先生が求める作業(動画を作ったり学級通信を作ったり)はiPadで十分できます。iPad一台あれば紙からの解放、教材研究、動画の作成など色々とクリエイティブな仕事が可能になります。 

 

最後に

iPhoneの次はiPadの購入を!

ついApple製品を買うことが前提で話を進めてしまいましたが、私の周りではiPadを買って後悔した先生はいません。今では多くの先生がiPadを活用していますから、気軽に相談できるようにもなりましたしね。

正直、Apple Watchとどちらを勧めるか迷いました。Apple WatchもiPadも素晴らしい製品です。しかし、iPadは仕事のスタイルを変える力があると思います。Apple Watchはあったら幸せになれる製品ですが、まずはiPadを購入するべきだと感じています。

ぜひ共にiPadユーザーになって幸せなApple Lifeを満喫しましょう。