MOLOG

教師であり父でありApple好きな人が書くブログ

【生徒から見たGIGAスクール構想】現役高校生るいさんにインタビュー

新年度ですね。

何年勤めても、やはりこの時期は忙しさのあまり疲れてしまいますね。

まずは一年間の完走めざして、焦らず意識してペースを落とすことを心がけようと思っています。


さて、先日ひょんなことから、リプでのやりとりをきっかけに現役高校生の方とつながることができました。

いつもは教師という立場からGIGAスクール構想について考えていますが、現役の生徒は私たちの取り組みをどんな風に捉えているのか。

もしかしたら生徒から見たGIGAスクール構想を捉えることで、新たな発見があるかもしれない。

そんなことを思い、高校生のるいさんに突然DMを送り、勝手にインタビューをさせてもらいました。(るいさんありがとうございました!)

twitter.com

今日はそんなインタビューの様子を一部編集しながら紹介していこうと思います。

本当に高校生ですか?

突然のメールすみません。「生徒から見たGIGAスクール構想」について興味があり、連絡させてもらいました。もし良ければ、いくつか質問して良いですか??

えむおーさん、こんにちは。
喜んでお受けします!!

ありがとうございます。
いくつか教えてください!

るいさん、本当に高校生ですか?

高校生ですよ笑
【自己紹介】
▽ 名前:るい(偽名です)
▽ 年齢:16歳・高2
▽ 居住地:日本某所
▽ 文理:文系
▽ 将来の夢:国語科教師

夢が国語教師とは!素敵です!


るいさんの学校で行われているGIGAスクール構想を教えてください!

るいさんの学校ではどんな様子でGIGAスクール構想が進んでいますか?

どんな端末やアプリを使用しているのか、どんな活用しているのか教えてください!

本校では、GIGAスクール構想という名称では呼んでいませんが、割と進んでいる方だと思います。校務分掌でも活用担当が決まっています。
主に使っているアプリは、
▽ ロイロノート ▽ Classi です。


▽ ロイロノート
ほとんどの授業で、積極的にロイロノートを活用しています。
また、宿題の配付なども、ロイロのおかげで電子化が進みました。

数学を例に挙げると、教員が画面配信を行うことで板書の手間が省けたので、演習時間を増やすことができました。

さらに、毎時ではありませんが、「反転授業」のかたちをとれていることが多い印象です。

先生は、先に授業プリントなどの教材をロイロで送ります。このように、あらかじめ情報を提示したうえで授業をするという感じです。

なるほど、だいぶ先進的な取り組みをしているという印象です。

高校だともうここまで進んでいるのですね!

学校で進められているGIGAスクール構想について、るいさんが感じていることを教えてください!

そんな先進的な取り組みをしているるいさんですが、GIGAスクール構想での取り組みについてどんな印象を感じていますか?

楽しい、もどかしいなどありましたら教えてください!

私が思っているのは、使いこなしている子からすれば、「文鎮」と化さないかという点です。私自身もヘビーユーザーですので、ぶっちゃけ、規制がかかりすぎているのはストレスなんです。

学校のWi-Fiが、YouTubeを遮断するようになってて……
家では見られるんですけど、休み時間にTryさんみたい!とか、NHKの実験動画みたい!とかができないので残念です……

ありがとうございます。

いや〜ここまで丁寧に返答していただけると、感激します笑

そして、やりとりすればする程「本当に高校生!?」と思ってしまうほど丁寧な対応かつ冷静な分析で驚きます。


また、高校生ということもあるのかもしれませんが、るいさんの学校の様子は先進的な取り組みで勉強になります。

追加質問です!

動画を見て学ぶとは?

ここでは、画面配信について説明します。

読んで字のごとく、ロイロノートで先生が操作している画面を、生徒の画面に配信するということになります。

具体的に言うと、
▽数学Ⅰの授業で、先生が画面配信をする。
▽生徒は該当クラスを選んでノートを開く。
▽生徒のiPadの画面に、先生の画面がバン!と映される。

といった感じです。

※画面配信中、生徒はロイロで他の操作ができないので、話を集中して聞いてもらえるという利点もあります。

話を聞いてもらえるって面白いメリットですね。

言われるまで気がつきませんでしたが、なるほどそういったメリットもあるのですね。



紙とiPadそれぞれの良さは?

紙とiPadを比べたときに、るいさんから見たそれぞれの良さを教えてください!

また、紙の方が良いと感じる点はありますか?

▽まずはiPad。
問題用紙と解答用紙が別のカード(ロイロ上のPDF)になっていたり、あるいは問題文の位置と解答欄の位置があまりにも離れていれば、いちいち戻ったり、問題文を確認したりしなければいけないので、正直に言ってめんどくさっ!ってなります涙

なので、問題用紙は「紙」で、解答用紙は「iPadのカード」というふうに分けられていると、少々紙を使うことにはなりますが、便利です。

やはり、iPadの利点は、「無くなることがない」ですかね。

紙だと、えむおー先生も経験がおありかと思いますが、「先生!プリント無くしました。一枚くださ〜い!」ってのが起こりうるのですが、iPadだと起こらないんですね。
ロイロノートには、資料箱というものもありますし。
しかし、一気に情報を処理することが苦手な子にとっては、特に長期休暇の課題など、たくさん配信された際には負担のようです。

残念ながら通知に気づかない生徒も一定数います。

紙との使い分けは今後の課題となりそうですね。

なるほど。課題は紙、回答はiPadだと、回答の集約もできますね。

それに、ポートフォリオ的に蓄積していく場合もiPadの方が良さそう。

逆にその他は紙であっても良いのだと、るいさんの話を聞いて感じました!


端末アプリ制限をしないと生徒はどのようになると思いますか?

私個人としては、端末アプリ制限反対派です。

生徒目線から見て、制限をなくすとどのようになりそうか教えていただけると参考になります。

これが難しいところですよね。
私も反対派です!
しっかり使えてる子が馬鹿らしいじゃないですか。

でも、制限がかかっていない漫画サイトもあるんです。
それを授業中に友人が見ていて、指導された場面を見たこともあります。

今でもこんな状況なので、制限を緩めたら……って考えると恐ろしすぎますね涙

でも、いっそのこと制限をほとんど解除するぐらいのことをしてみれば、逆になくなるのでは?とも思っています。

漫画とか読む子って、「制限があるから反抗する」って気持ちもあるのではないかと思います。

「反抗したいからする」ってのがしっくりきました笑
私だってそうですからね笑

いっそのことオープンにして、学習以外の使い方が「かっこわるい」という空気になれば、次のフェーズといえそうです。

これから先生や学校に期待するICT活用は?

いや〜るいさん分析力が高くて勉強になります!

実現可能かどうかは問わず、生徒目線から見たるいさんの夢を語ってください!笑

▽ プリント類の電子化。
・問題用紙と解答用紙の話も解決したい。

▽ テストの電子化。
・ふだんの小テストや考査、それに模試など。

▽ 配布物の電子化。
・家庭連絡用のものも含む。

▽ デジタル教科書の採用。
・動画も見られるなど、ただPDFにしただけにはしてほしくない。

▽ 不登校児も教育を受けられるように、リモート授業などを活用。

▽ 欠席連絡の電子化。

▽ハンコ文化の電子化。
担任 → 学年主任 → 教務 → 教頭 → 校長 などの順で押印するものを電子化し、業務削減!

▽ 情報モラル・情報リテラシーの教育。
・えむおー先生も、SNS関係(LINEなど)の対応に手を焼いたことがあるのではないでしょうか。

▽ 出席簿や教務必携(俗に言う閻魔帳)の電子化。
・このデータを基に要録が作成できるとなれば、仕事がかなり楽に?!

▽ 読み・書き・そろばん
・電子化電子化と言ってきましたが、「書く力・読む力」がないと入力できませんし、「計算する力」がないと機械を使ううえで困難も多いはず(Excelの検算など…)です。

さらに、本題からはそれますが、「読み・書き・そろばん」この力が小学校の時点から十分に教育されているか。それを見直すときが来ている気がします。

というのも、同じ学年でも、「語彙の差がある。」と感じるときがあるからです。


〜まとめ〜
さんざん電子化と言ってきましたが、紙とか、チョーク&トークとか、「残した方がいい!」というものは残したらいいのではと思います。

ただ、「俺はICTは使わない!!」とか、「この職場は…」とか、そういう頑ななこだわりは見直すときが来ているかと思います。

なんというか…大人すぎて声を失います笑

国語科教師をめざしているとのことですが、今すぐにでも一緒に働きたいです笑

色々と勉強になりました。

るいさん、ありがとうございました!!

おわりに

るいさんとやりとりをしていて、驚いたのは現役高校生の分析力の高さです。

本当に高校生か!?と何度も疑いました。(実はDMでも度々「本当に高校生ですか?」と聞いていました)


そして、私が思っている以上に教師と生徒は同じことを考えているのだな、とも思いました。

個人的には、もっと生徒は「先生たち何はしゃいでんの」と冷ややかな目をしているのかなと思っていましたが笑

現役の高校生るいさんとのやりとりからなんだか勇気をもらいました。

るいさん、長々と付き合っていただきありがとうございました!