えむお〜ページ

教師であり父でありAppleが好きな僕が書くブログ

フリックのみ入力に感動したという話

f:id:Moblog:20191018212309p:image

ブログの更新がお久しぶりになってしまいました。

 

この時期は色々なものが重なってしまい大変なんですよね

 

もちろん以前書いた合唱指導も引き続き楽しんでいます

 

10月が終われば一区切りつくので、それまでもうしばらく辛抱ですね

 

さて、今日はiPhoneのOSアップデートによりできるようになったフリックのみ入力について書いていこうと思います

 

フリックのみ入力とは?

まずはこの記事を読んでみていただきたいです

jun3010.me

Podcastもやっているじゅん先生のブログです

 

フリック入力とは、iPhoneで通常文字入力をする時に使うのがフリック入力です

 

設定をしていないと、フリック入力だけではなく、今までのガラケーのような文字入力になります

 

具体的には、「あ」のボタンを2回押すと「い」になる入力方法です

 

フリックのみ入力というのは、このガラケー式の入力をなくす設定と言うこともできると思います

 

フリックのみ入力の何が良いのか

僕がもうしきりに感動しているのは「iPhoneで同じ文字を打つことが非常に快適になった」ということ

 

例えば「すし」という単語をiPhoneで打つとします

 

普通は「すし」と打つ時には「す」を打ったあとすぐに「し」にしようとサ行のボタンを押そうとすると…

 

最初に打った「す」が「し」になっちゃうんですよね。これが今までしばらくストレスでした。

 

これがフリック入力だと「す」を打った後にすぐに「し」が入力できるんです。同じ文字を続けて打つ時にとっても快適なわけです。

 

(ちなみに、今まさに「今まで」や「続けて」と打った時に快適に打てることに感動しています)

 

ブログをiPhoneで更新なんて考えても見なかった

ブログを更新して現在80記事になりました

 

以前は大大大好きなMacBook Proでの更新でした

 

最近はiPadで更新にチャレンジすることも出てきました

 

iPhoneはまだ文字入力に困難があるかと思っていました

 

しかし今回のフリック入力の快適さを経験した今、iPhoneでの更新も無理ではないと感じています

 

何を隠そう、ただいままさにiPhoneでの更新初挑戦です

 

思いの他サクサクと文字入力ができていることに感動しています。予測変換も相まって、なかなか良い感じです。

 

普段のブログ更新はやっぱりiPadやMacBook Proになるでしょうが、選択肢が一つ増えました

 

ちなみに設定の方法は「設定」⇨「一般」⇨「キーボード」⇨「フリックのみ」です

 

これって結構皆さん知っていることなのでしょうか?

 

今日は「フリックのみ入力に感動しました」という話でした!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!