えむお〜ページ

教師であり父でありApple好きな人が書くブログ

フリックのみ入力に感動したという話

f:id:Moblog:20191018212309p:image

みなさんフリックのみ入力ってご存知ですか?

 

例えばiPhoneを使っていて、「肩たたき」と入力することがよくありますよね?え?

 

肩たたきを入力するときに何が困るって、「た」を並べて入力するときに「んあーーー!」ってなるのは僕だけじゃないはず。

 

実はこの問題、フリックのみ入力にすると驚くほど簡単に入力することができちゃうんです。

 

今日はiPhoneのOSアップデートによりできるようになったフリックのみ入力について書いていこうと思います。

 

フリックのみ入力とは?

まずはこの記事を読んでみていただきたいです。

Podcastもやっているじゅん先生のブログです。

 

ちょっと説明がややこしいのですが、フリック入力というのは通常iPhoneで文字入力をするときに使う入力方法です。「い」を入力するときには「あ」を押してちょっとスライドさせる入力ですね。

 

 

iPhoneの文字入力はフリックのみではなく、「あ」を2回押すと「い」が入力される文字入力が初期設定なんですよね。むか〜しガラケー時代の文字入力からの名残なのでは?と思っています。

 

フリックのみ入力というのは、このガラケー式の入力をなくす設定のことを示します。(ガラケーでみなさん、通じますかね?

 

フリックのみ入力の何が良いのか

僕がもうしきりに感動しているのは「iPhoneで同じ文字を打つことが非常に快適になった」ということです。

 

例えば「肩たたき」という単語をiPhoneで打つとします。

 

普通は「かた」と入力し、すぐに「た」を入力しようとすると最初の「かた」が「かち」になっちゃいますよね。

 

なので「た」を連続して入力するときには「た」を入力して少し待つか、確定を押して入力していました。これが今までかなりストレスでした。

 

これがフリックのみ入力に変えると「かた」を入力した後に続けて「た」を入力することができるのです。同じ文字を続けて打つ時にとっても快適なわけです。

 

なんならもうデフォルトでこの設定にして欲しいくらいです。

 

ブログをiPhoneで更新なんて考えてもみなかった

 ちなみに設定の方法は「設定」⇨「一般」⇨「キーボード」⇨「フリックのみ」です。

 

 これって結構皆さん知っていることなのでしょうか?私はこの方法を知って、しばらくiPhoneでのブログ更新を行ってきました。

 

※今は音声入力でのブログ更新がメインになりつつあります。

 

最初はフリックのみ入力に慣れない自分もいました。(特に英語入力の時にはQWERTYキーボードが簡単に使えないので苦労しました)。しかし今ではフリックのみ入力から離れられません。

 

今日はちょっと細かいネタを書いてみました。

 

何かの参考になれば幸いです。