えむお〜ページ

教師であり父でありAppleが好きな僕が書くブログ

群馬県の鉄道文化むら、長野県の軽井沢アウトレットに行ってきました!

暑い。暑いとどこか涼しい場所に行きたくなりますよね。

 

けれど有名なところはどこも混んでいそうだし…。

 

そんなわけで北関東在住の僕らは群馬県安中にある鉄道文化むら、そして軽井沢アウトレットに避暑を求め遊びに行ってきました。

 

 

おぎのや本店でぶらぶら

鉄道文化村の近くにおぎのやの本店があるというので僕らも寄ってみることにしました。おぎのやといえば「峠の釜めし」峠の釜めし ¥900(税込)

写真はおぎのや公式HPからです。釜めしは小さな頃に食べたことがあります。当時は煮物や漬物の多い釜めしはあまり好きではなかったのですが、大人になった今は魅力的に映ります。

 

釜めしの釜の部分は持って帰ることができます。子供のお土産になんかにもなるでしょうか。ちなみにこれで実際にご飯も炊けるようです。

 

アクセス:群馬県安中市松井田町横川399

     上信越自動車道 松井田妙義ICから車で5分

営業時間:平日   10時から16時

     土日祝日 9時から16時

 

 

子供のお土産コーナーや釜めしの卵になりきって写真を撮れるところでぶらぶらと遊びました。

 

碓氷峠鉄道文化むらで電車に乗って遊ぶ

おぎのやから車で5分ほど走ると鉄道文化村に到着です。

 

碓氷峠鉄道文化むら

アクセス:群馬県安中市松井田町横川407−16

営業時間:9時から17時まで(入園は16時半)

入場料金:小学生未満無料

     小学生300円 それ以上500円

 

入った直後は開場したばかりだったのか人もまばらで大丈夫か?という感じでしたが、しばらくするとそれなりに人も増えてきました

入り口の様子から正直そこまで期待していませんでしたが笑、結果的には楽しめました!

 

 


f:id:Moblog:20190814103930j:image

f:id:Moblog:20190814103934j:image

中にはいろんな電車や機関車があり、詳しい人が見たらかなり楽しめるんじゃないでしょうか。特に知識のなかった僕らでも中をのぞいてみたり、間近で見たときのその大きさから迫力を感じたりと楽しかったです。

 

また、園内(村内?)にはミニSLやあぷとくんという名の蒸気機関車が走っており、乗車券を買うと乗ることができます。石炭を積み、煙をもくもくと出しながら進んでいく蒸気機関車は珍しく、乗り心地も快適なのでぜひ乗ってみてください。

 

料金もあぷとくん400円ミニSL200円と追加になってしまいますが(3歳以下は無料、小学生迄は半額)、なかなか乗る機会なんてないですしね。

 

僕らはミニSLでは先頭に座れたので石炭を積む様子がよく見えました。熱かった!笑

 

園内には他の遊具もありますが、それらは別にここで乗らなくても…という感じでしたので僕らはパスしました。

 

鉄道文化むらから車で軽井沢アウトレットへ

避暑地といえば軽井沢でしょう!ということで、そのまま下道で1時間かけてドライブをし、アウトレットまで行くことに。

 

途中「満留井(まるい)」というお蕎麦やさんでお昼をとりました。

 

f:id:Moblog:20190814104004j:image

満留井 - 軽井沢/そば [食べログ]

食べログだとそんなに評価が高くないですけれど、美味しかったですよ!お客さんも結構入っていて賑わっている様子でした。

 

その後アウトレットへ。時間も午後になると、比較的空いているようで車もアウトレット内に停めることができました。

 

軽井沢は本当、夏でも快適に過ごせていいですね。しばし買い物を楽しんで帰りました。

 

のんびりと満喫できたコースでした!

思いつきでぶらぶらとドライブした割には満喫できた1日でした。鉄道文化むらが思ったより楽しめました。お土産にと思いガチャガチャで取ったトーマスも息子のお気に入りになったようで良かったです。

f:id:Moblog:20190814104020j:image

 

 

次の休みはどこに行こうかな〜

最後まで読んでいただきありがとうございました。