えむお〜ページ

教師であり父でありAppleが好きな僕が書くブログ

DoCoMoからUQモバイルへ移行した話

f:id:Moblog:20191226163807p:image

キャリアの料金は高い!!!

そして料金体系がとてもわかりづらい!!‼︎

ずっとストレスに感じていました。

 

Twitter界隈の人達は、格安SIMの人達が多いです。

一念発起、今回僕は格安SIMへの移行を行いました。今日はその様子を書いていこうと思います。

 

DoCoMoに電話してMNP予約番号発行

まずはドコモに電話をして、MNPの予約番号発行と今回解約をすることの意思を伝えます。

MNPとは今使ってるスマホの電話番号を次の契約にも引き継ぐと言うことです。

 

この番号を発行すれば、ドコモからすべてのキャリア移動することができます。


ちなみに僕は、ドコモを15年近く利用していました。

 

電話の向こう側の女性スタッフもあらゆる手で引き留めようとしてくれました。

 

しかし僕の意思は揺らぎません。

 

確固たる決意をもって解約と言う意志を貫きました。

 

結局MNPの予約番号発行に、平日昼間の電話でトータルで約40分間かかりました。

あらかじめどんな手順でするかも知っていたので割とスムーズだったと思いますが、やはりこれくらいはかかってしまいました。

 

ネットだともう少しスムーズに行くかもしれませんね。

 

DoCoMo光と回線の紐解きをする

ちなみに今回、僕はなぜネットではなく電話でMNPの予約番号発行や解約をしたのか。

実はドコモ光を契約している人はネットではこれらの手続きができないんですよね。

 

僕は今まで、ドコモのスマホとドコモ光を契約していました。(月々1500円ほど安くなっているため

 

今回ドコモのSIMは解約しますが、ドコモ光はとりあえず残しておこうと思いました。

 

そうすると、ドコモの回線とドコモ光が結びついているため、それらを外す必要があるようです。

 

その手続きに今回のような電話が必要になるわけです。

 

これ自体はとても簡単で、解約の意思はドコモの人に伝えるとそのままドコモ光のほうに電話をつなげてくれました。

 

手続き自体もこれに関しては5分もかからず終了することができました。

 

UQモバイル店頭にてSIM発行

無事MNP予約番号を発行し、いよいよ格安SIMの発行だ、と意気込んでUQモバイルに電話をかけました。

 

ドコモのほうは1分程度でつながったのですが、UQモバイルは電話がつながるまでに10分かかりました。

 

やはり格安SIMは今人気なのでしょうか。

 

そしてようやく繋がりSIM発行の意思を伝えると、「年内に届ける事は難しい」と言う無常の宣告。

 

ドコモとは違ってこちらはかなり強気な対応です。

 

もう少し電話スタッフの方に聞いてみると、店舗であれば即日受け渡しが可能とのこと。

 

翌日僕は、近くの家電量販店へ行きました。

 

受付をしてくれたのは優しい男性の方でした。

 

書類を2.3枚ちょこちょこっと書いて20分ほど待つと、SIMの発行が完了しました。

 

MNPの予約番号をあらかじめ発行していたので手続き自体はとてもスムーズでした。

 

新しいSIMを発行したら、それはそのまま僕のiPhoneに入れ替えます。

 

SIMを入れ替えればそれだけでドコモの契約は解約となりました。

 

格安SIMの使い心地は

今までと何ら全く使い心地は変わりません。

 

au回線になったからか、なぜか今までよりも早いとすら感じています。(おそらく勘違いです

 

3大キャリアのような複雑な契約から解放された今は、空も飛べる位清々しい気持ちです。

 

もう少し使い込んでみたら、通信速度などの検証してみようと思います。

 

変えてよかった!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。