えむお〜ページ

教師であり父でありApple好きな人が書くブログ

iPhoneではなくApple Watchの目覚まし機能をお勧めする理由

f:id:Moblog:20200108091437j:image

僕は毎晩Apple Watchをつけて寝ています。


Apple Watchの目覚まし機能、僕はiPhone以上に使えるんじゃないかと思っています。


僕の体質や生活リズムなどの相性にApple Watchの目覚ましがよくマッチしてるんですよね。


今日はApple Watchの目覚まし機能のオススメをしていこうと思います!

サイレントモードなら震えて教えてくれる

Apple WatchにもiPhone同様サイレントモードがあります。


通知やアラームをバイブによって教えてくれるんですよね。


iPhoneにもあるこの機能ですが、腕時計だからこそ力を発揮する機能だと思っています。


腕時計が震えることで、ブルブルっとした小さな振動でも気がつくことができます。


iPhoneだと結局机でガタガタガタガタ…と大きな音がしてしまいますよね。笑


Apple Watchは、隣の人には聞こえないような振動。しかし自分は気がつくことができる。


と言う絶妙なバランスだと思います。


僕の場合は、寝ていてもこの振動によって目が覚めます。


結果、真横で寝ている息子や隣のベットにいる奥さんを起こすことなく、目覚めることができます。

これがとっても大きい!


iPhoneを使っていたときには、どうしてもアラームの音で周りの人を起こしてしまうんですよね。


奥さんや息子が寝ている時間が唯一1人の時間の僕(笑)にとっては、朝は誰も起こさずにいたいわけです。


そんなわけでApple Watchの目覚ましが我が家では(僕にとっては)重宝しています。

 

「起こされた」よりも「起きた」と言う感覚

Apple Watchの目覚まし時計の良いところはもう一つあります。


それは、大きな音ではなく小さな振動で知らせてくれるので、自然な目覚めを演出できると言うところです。


iPhoneの目覚ましを使っているときは、大きな音で起こされ、飛び起きると言う毎日でした。笑


しかしApple Watchでは大きな音などの刺激がないので、スッと起きることができます。

この感覚が僕にとってはとても心地いいんですよね。


iPhoneの場合は、

「朝だよ!起きて起きて!!」と布団を剥がすような起こし方だとすれば、


Apple Watchの場合は、

「朝ですよ。起きてください。」と力優しく叩いて起こしてくれている様子です。笑

 

手元の振動だけでも意外に起きることができる

僕の場合は、ですけどね。


iPhoneを使っていたときには、恥ずかしながら二度寝をすることもよくありました。5分おきにアラームを設定してみたり。笑


Apple Watchでも同じように二度寝をしてしまうのではと心配していましたが、驚くことに今まで1度も二度寝をしたことがありません。


この辺は相性もあるのかもしれませんね。


念のため5分おきにアラームをセットしたこともありましたが、結局1階で起きるのでそれもやめました。

 

最後に

家族と一緒に寝ている人にこそオススメ!


中学校の先生の場合、土日に部活動を行うことがあります。


せっかくの休みですから、家族にはゆっくり寝ていて欲しいじゃないですか。


そういう人にこそ使って欲しい機能です。


僕はApple Watchを使ってから、家族に遠慮することなく早起きができるようになりました。


家族を起こすことなく、目覚めることができるApple Watchの目覚まし。オススメです!