えむお〜ページ

教師であり父でありApple好きな人が書くブログ

Apple Watch歴2年の私がオススメする設定&機能

f:id:Moblog:20200713111437j:image

前回はなるべくApple Watchを使っていない人に向けて書くことを意識してみました。まだ読んでいない人orまだApple Watchを持っていない人はぜひこちらの記事を読んで少しでもApple Watchの魅力を感じてもらえたら嬉しいです。

今日は、すでにApple Watchを持っている人にオススメの設定をいくつか紹介したいと思います。何か一つでも参考になれば幸いです。

雨雲が近づいてきたら通知がくるようにする

私は、yahoo天気アプリを使って、雨雲が近づいてきたら通知がくるように設定しています。現在地に雨雲が近づいてきたら、Apple Watchがブルッと震えて「まもなく雨が降りそうです」と通知がくるのでとても助かっています。

iPhoneやApple Watchには純正の天気アプリがありますが、あまり正確ではない印象です。私は、基本的には純正アプリが好きな人間ですが、天気アプリだけはあまり信頼していません。なのでこのyahoo天気アプリがとても気に入っています。

今の所、「これから雨が降りそうです」と通知がきて実際に雨が降るのは60%くらいです。しかし、雨雲が近づいているのは間違い無いので自分がいるところでは雨が降っていなくてもちょっと車で走ると降っていたりします。

 

ちなみに、通知が来るのはネット接続ができている状態に限るのでセルラーモデルじゃない場合は、iPhoneが近くにある状態出ないと通知がきません。

この天気アプリは設定をしないと翌日の天気が悪い時などにも通知がくるようになっています。

結構細かいところまで通知の設定ができるので、自分好みに設定することをオススメします。

場所によって文字盤を変える

Apple Watchでは右や左にスライドすることでいくつもスクリーンを設定しておくことができます。場所や自分の状況でうまく使い分けることでより利用しやすくなるんですよね。

Apple Watchではスクリーン画面を左右にスワイプすると表示するホーム画面を切り替えることができます。私は、主に授業中、授業外、家の3カ所でそれぞれ使うスクリーン画面を設定しています。授業中は秒針を表示させたり、授業外はアクティビティやメモアプリを表示したりと、それぞれの場面で知りたいことは変わっていきますからね。

今気に入っている文字盤は「深呼吸」や「モーション」

2020年の今現在、Apple Watchは全部で36種類の文字盤が設定できるようです。さらにその中で、色を変えたりどのアプリをどこに置くのかを設定できたりするのですからその組み合わせは無数です。

今私が気に入っているのは「深呼吸」や「モーション」です。腕を持ち上げるたびにゆっくりと呼吸したり、花が開く瞬間に癒されたりするのでとても気に入っています。

家族の写真を文字盤に設定することもできます。

時計を見るたびにワクワクすることができるなんてすごい時代になったなんて感じます。

Digital Crownは左側に

Apple Watchを買ったらすぐに設定して欲しいのが、Digital Crownを左側にすることです。デフォルトだと右側にあると思うのですが、手を曲げると誤ってボタンを押してしまいSiriが発動してしまうことが多々ありました。試しに、左側に設定したところとても快適だったので、Apple Watchを買った人にはとりあえずみんなにオススメしています。

今のところ、左側にした人は皆満足しているようです。

むしろこちらのほうがデフォルトにした方が良いのでは?とすら思っています。

さいごに

 秋のアップデートでApple Watchはさらにできることが増えるようです。iPhoneやiPad、MacBookなどの製品のアップデートも楽しみですが、今最も勢いあるアップデートが行われているのは間違いなくApple Watchでしょう。新製品の進化にも注目です。