えむお〜ページ

教師であり父でありAppleが好きな僕が書くブログ

MacBook Proレビュー!1週間使ってみて感じた10個のこと

こんにちは、えむおーです。今日はMacBook Proを使って1週間たったので1週間レビューを書いてみようと思います。Apple系のネタはみんな気になるみたいだしね。

 

 

f:id:Moblog:20190716203907j:plain

MacBook Proを1週間使ってみて感じた10個のこと

1.iPhone、iPadとの連携が神

やっぱりApple製品は連携機能が神がかってますね。Macでブログを書くときも、「iPadで写真やスクリーンショットを撮る→AirDropでワンタッチでMacに移す→そのままブログに貼り付け」にような動作が本当スムーズです。

 

iPad、iPhone、Apple Watchユーザーの僕がMacを使わない理由はほぼないと言ってようでしょう。「iPhoneで何かをコピー→MacBookで貼り付け」も当たり前のようにできるのでびっくりします。

 

2.Magic Trackpadが直感的で使いやすい

先日Magic Trackpadの3本指ドラッグ&ドロップについて記事を書きました。

 

 

 

この他にも例えば親指と3本の指でtrack padの真ん中の方にスッといじるとアプリ一覧が出てきたり、3本指で左右にするとアプリの切り替えができたり、4本指の左右でデスクトップ間の移動ができたりします。

 

これがWindowsと比べるとはるかに滑らかに、スムーズに扱えので僕はMagic TrackpadがあるからMacをやめられない。それくらい魔法の板です。

 

3.毎日開くのがワクワクする

f:id:Moblog:20190716203747j:plain

僕は朝起きて一番初めにMacBook Proでブログを更新します。毎朝MacBook Proを見るたびに心がときめきます。この心がときめくという感覚が、以前使っていたsurface laptopにはありませんでした。

 

あくまで個人的な感想ですが、Macは心がときめきます。今話題のこんまりもときめかないものはどんどん捨てろと言っていますよね。心がときめくって大事。納得していないものを毎日使うのはやっぱりストレスじゃないですか。こればっかりは自分の感覚なので相性の問題ですね。

4.ブログ更新が捗る

心がときめいて、毎日触りたくなるのですからそりゃブログ更新が捗りますよね。文字を打つとリアルタイムで変換してくれるライブ変換も相俟って、どんどん書きたくなります。ブログが捗る捗る。

 

「毎日触りたくなる→文字を打ちたくなる→ブログが捗る」。ブロガーにMac使いが多いのもうなずけます。

 

5.wi-fi接続がスムーズ

1のiPhone連携が神がかっているにも通ずるものがありますが、外出先でもwi-fi接続が楽です。これもWindows機と比べてはるかに楽だと僕が感じたことです。

 

wi-fiマークを押してすぐ下にiPhoneマークが出ますからそれを1クリックするだけでポチッと繋がります。このwi-fi接続が本当スムーズだからAppleはLTE機能をMacにつけないんじゃないかな。LTEだとバッテリーもガンガン減りそうだしね。

 

6.画面が綺麗

Macを開いてまず初めにデスクトップのクリーンさに心がときめきます。僕が買ったMacBook ProはRetinaモデルじゃないけれど、それでも綺麗です

※訂正。MacBook ProはRetina対応でした。やっぱり綺麗です。

 

最新のairはこれより安くてしかもRetinaですからさらに綺麗なんでしょう。あぁ、やっぱりちょっと悔しくなってきた。

※訂正。MacBook Proも AirもRetina対応。どっちも綺麗です。 

  

7.やっぱりフォントが美しい 

よく言われることですが、Macはフォントが綺麗で読みやすいです。これは1週間使った今でも「美しい・・・」と感じます。フォントがiPhoneと同じなのでノンストレス。毎日使っているものが同じ見た目、似ているUXって結構大事だと思うんだよね。

 

8.英数とかなの切り替えがワンタッチで楽

f:id:Moblog:20190716203725j:plain

Macは英語と日本語の切り替えが下のスペースキーの左右についています。Windowsを使っているとシフトを押そうとして誤って違うキーを押してしまい、英語になったり大文字になったりと余計なことが起きます。

 

Macは誤操作が少ないような作りになっています。1週間使ってみて、一度も上記のような誤操作がありませんでした。計算され尽くした文字配列。日本人にも優しい作り。

9.ショートカットキーが素晴らしい

Windowsにもあるんですけどね。僕が使うショートカットキーは、例えば文字を選択して command +Bで太字、 command +iで斜字、 command +control +Fでフルスクリーン、などなど。

 

「Macは毎日使いたくなる→もっと知りたくなる→自分でショートカットキーなどを調べる→どんどん賢くなる」という連鎖が起きやすい気もします。

 

10.キーボードは若干気になり始めた

これもよく言われることですが、やはり第2世代のバタフライキーボードはペチペチ打っている感覚が否めません。叩くというよりも撫でるという感覚だとスムーズですが、気づくと集中して叩いちゃう。1週間たって改めて感じています。

 

HHKBなども気になり始めましたが、ひとまずまだバタフライキーボードに慣れていきたいなと感じています。もうちょっと使うと慣れ始めてくるかな? 

 

終わりに

1週間レビューはいかがだったでしょうか。ちなみに僕はsurfaceからMacBook Proに乗り換えた人です。皆さんの何かの参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

もしよければ過去の記事もどうぞ。

↓1日目の興奮が出ちゃってます。 

↓比較してわかった驚愕の事実。