えむお〜ページ

教師であり父でありAppleが好きな僕が書くブログ

教育

沈黙する学問のすすめ

学校の先生のみなさん!皆さんは、1時間の授業のうち、自分は何分程度喋ってると思いますか? 1日の学校生活の中で、自分がどれだけ喋ってると思いますか? 生徒に「うるさいぞ」なんて注意する先生が、実は学校中で1番話をしているなんて考えると、ちょっと…

宿題を答えの丸写しにさせない方法

「生徒が課題を赤で写してくる」 本校では数年前までは当たり前のようにこれが行われていました。 先生の中には「やらないよりはこの方が良い」という人もいましたが、僕はこれがどうも疑問でした。 「だったら出さなければいいのに。」 「どうせ出すのなら…

その課題、生徒にとって「作業」になっていませんか?

皆さんの学校ではテスト前に課題を出していますか? 出してるとしたらどんな課題でしょうか? 僕の学校では昨年、課題について話し合い、これまでと違った形で課題を出すようになりました。 これまでの課題は、生徒の中にどうしても「やらされている感」が出て…

学校現場にもっと引き算の発想を!

「学校ってなんでこんなに仕事が多いの?」 と思った事はありませんか。 僕はずっと、いや今でも思っています。笑 今日は、仕事を増やす(足し算)ではなく、仕事を減らす(引き算)と言う発想を学校に!と言う話をしていきます。 学校は足し算は得意 各行事や仕事…

苦手な人と一緒に仕事をする時、どうすれば良いか?僕の対処法、教えます

「わからない」とか「知らない」という言葉は謙虚な姿勢を引き出す言葉であって、ひらき直る時に使う言葉じゃないここを勘違いしている人に何も教える気はないわからないから学ぶ知らないから訊くこれが分からない限り僕からあなたに伝えることないあなたの…

11月は生徒同士のトラブルが起きやすい?あらかじめできることは?

各行事が終わったこの時期は今まで行事に追われていた反動か割と生徒同士のトラブルが多い友達とケンカをしたり時間が守れなかったり…僕はあらかじめ生徒に「この時期はトラブルとか失敗が起きやすい。当たり前のことを当たり前にやろう。」と話すちょっとし…

スマホの使いすぎは学力を下げる?スマホが子供に与える影響について

学力とスマホの関連性が研究され、結果が報告されるようになりました1時間以内のアプリの使用ならば特に影響なしそれ以上だと1時間につき一教科4点下がる怖いのは勉強していても同じという事勉強していてスマホをいじる方が勉強しないでスマホをいじらな…

合唱コンクールでの思い出。「本気」でやることについて

合唱コンクール終了結果は銀賞みんなよく頑張った1ヶ月間の練習一生懸命してくれた普段やんちゃな男子「金賞渡せなくてすみません」と泣いてくれた女子誰よりも練習してくれた指揮者と伴奏者全てのドラマが宝物悔いはないこれだから中学校教師はやめられない…

植松努さんに学ぶ「これからの学校のあり方」子どもに自信をつけさせよう

植松努さんって知ってますか?まずは何も言わずに下の動画を見てほしいです。 www.youtube.com これは植松努さんがTEDという世界的な講演会の場でお話しした時の様子を撮影したものです。僕はこの動画を見てすぐに植松さんのファンになりました。多くの先生…

令和時代のキャリア教育を考える「夢って職業で語るものなの?」

少し前に、学年主任の先生から「MOさん、進路指導担当として、子供たちにキャリア教育を受けさせてあげられない?」とお話がありました。 本校では、キャリア教育の一環として「将来なりたい職業」を書かせています。 実は以前からこれについて疑問を持ってい…

変形労働時間制よりもフレックスタイム制を導入すれば良いのに

昨日はこんな記事を書きました。 やはりネット上では関心が高いようで、いつもよりも多くの方に読んでもらいました。 今日は学校現場に変形労働時間制ではなく、フレックスタイム制を導入したら?という話です。 あくまでも個人の感想、妄想だと思ってお付き…

変形労働時間制って何?学校に導入されるとどうなるの?

変形労働時間制についての法案が閣議決定されました。 Twitterでは非常に話題になっているこの変形労働時間制ですが、現場の先生方は多くの方が知らないのが現状です。 実際に関わる人達がこんなにも知らないことが、このように決められていくことに戸惑いを…

中堅教師の皆さん!若手のために働きやすい環境づくりしませんか

「学校の先生ってなんでこんなにやることがやることが多いの!?」という人、いませんか? 僕がブログを始めた理由の一つが、「若手の先生やこれから先生になる人の負担をちょっとでも減らしたい」です。このブログを読んで、僕がやっている(大したことはで…

学級目標って必要?学級目標をただの飾りにさせないための3つのコツ

学級目標って必要ですか? 先日、こんな言葉をtwitterで見かけました。皆さんはどう思いますか? 僕は飾りだけの目標ならいらないと思います。しかし、今うちのクラスでは学級目標をフルに活用しています。今日は「学級目標なんていらないんじゃないの?」と…

宿題は必要か?不必要か?

皆さんは毎日子供達に宿題を出していますか? 僕は中学校の教師です。以前、研究主任という立場で「宿題は必要か?」と先生方に話し合ってもらったことがありました。宿題に関する考え方は十人十色。いろんな考えの先生がいて面白かったです。 さて、今日は…

学校の先生が早く帰るためにやっている6つのこと【意識改革・行動編】

皆さんはいつも何時くらいに帰っていますか? 僕の学校の定時は4時40分です。しかしながら部活動などがあるため当然その時間には帰ることができません。 今、中学校の先生の多くは時間外勤務80時間を超えていると言われています。これは過労死ラインで…

丸つけは面倒!採点スピードをあげる2つのポイント

2学期の中間テストが終わりました。 本校は3期制です。各学期に2回ずつ定期テストが行われます。(3学期のみ1回だけです) 定期テストが終わると待っているのは採点。採点って大変ですよね。一つ一つ合っているか判断し、丸か×をつけていく…。数学の採点…

合唱指導 大きな歌声を出すための指導4つのポイント

合唱指導、楽しんでいます。まだまだ声が小さく、仕上げの段階からは程遠いですが、この創り上げていく過程が楽しいんですよね。 今日は合唱指導でよくある悩み「合唱での声が小さいときの指導」について書いていこうと思います。 音を覚えているのが大前提 …

ど素人だからこそ合唱指導は楽しむ!その魅力について語ります

あーもう。本当。合唱楽しい。— えむおー@ブログ更新70記事達成 (@Mo24555713) 2019年10月1日 昨日も載せたtweetですね。運動会が終わり、ただいま絶賛合唱指導中の毎日です。 僕は数年前からこの合唱指導の魅力にはまり、毎年とても楽しみつつ指導していま…

もし教師がアドラー心理学を学んだら?物事をもっとシンプルに考えよう!

皆さんはアドラー心理学って知っていますか? 「嫌われる勇気」でアドラー心理学が徐々に有名になってきました。アドラー心理学について今ここで難しく語るのはやめておきます。僕自身、そこまで理解できていません笑。 人間関係や社会集団ってややこしいこ…

先生にオススメするiPad活用術!7つの使い方お伝えします

学校のICT化が叫ばれて数年が経ちました。 僕の周りでも授業中にタブレットやPCを使う人が非常に増えてきました。時代も進んでいるな〜なんて感じます。 やっぱりICTによる教育的効果や時間の削減などは有効だと思います。 今日は学校内で毎日iPadを持ち歩く…

授業中先生は間違えるべき!先生の間違えをオススメする5つの理由

先日、授業中生徒にこんなことを言われました。「先生のグラフ、なんか変。」 それを皮切りに生徒が次々に話し合いを始めました。「どこが変なの?」「あ、ほんとだ」「正しくは、こうだよね?」 あーアクティブラーニングしてんなぁ、と嬉しく感じました。…

勉強しない我が子にどんな言葉をかけるかー嫌われる勇気を読んでー

本は一冊をじっくり読むよりは一冊を早く何度も読んだ方が良い昨日実践してみました「嫌われる勇気」一時間でサッと読み終わりました次は2回目なるほどこれは良いかもしれません— えむおー@ブログ更新70記事達成 (@Mo24555713) 2019年8月19日 先日、『嫌わ…

先生はチャイムがなったら授業を必ず終わりにすべき!

皆さんは授業をするときに、どんなことを意識していますか? いろいろとあるでしょうが、僕が絶対にこれは守ろうと思っているのは「時間を守る」ということです。 そんなの当たり前やろ!と思う人も多いでしょうが、僕は初任の頃、「今日だけは…」とか「これ…

生徒のやる気を引き出す言葉「なぜあの先生の言葉はやる気なるのか?」

申し訳ないけど運動会の練習の際の「はい、今何人かがしゃべりました〜やり直し!」は何らかの罪名をつけていただきたい。それやると生徒は前向きに頑張れるようになると思っているのですか?何の説明もなしに、「やれ」できないから「やり直し」は指導では…

物事をシンプルにする見方とは?アドラー心理学3冊をまとめました!

これまでアドラー心理学について興味はあったのですが、なかなか本を読む機会に恵まれませんでした。 この夏休みに、思い切ってアドラー心理学の本を読むことにしました。学んでみると、複雑に見える世界が実はとてもシンプルだということに気づくことができ…

生徒の信頼を得る言葉とは?とっさの一言が信頼関係を築く

「よっぽどのことがあったんだね」突然生徒が壁を蹴ったびっくりしたけど「どうした?よっぽどのことがあったんだね?」と声をかけたら思いを話してくれた何か起きた時、最初にどんな声をかけるかって大事この対応、僕的にはとても良かったと自画自賛してい…

学校はもっと外部に仕事を回すことに注力すべき【下校指導】【テスト採点】

学校の業務って何か知っていますか? 文科省が学校の業務について明言されてしばらくたちましたが、まだまだ地域にも我々にも根付いていないように感じています。 今日は、実際に僕の周りで起きたことを例に挙げながら、もっと外注すべき!という僕個人の考…

職員室の机から考える。早く帰るために実践している4つのポイント

仕事を終わらせて早く帰りたい!と思ったことはありませんか? 学校の先生って、毎日本当いろんな仕事があります。 10年目にもなると仕事が降ってくるような感覚に陥ってきます。仕事を跳ね返す傘が欲しいくらい。 仕事は忙しい。けれど新米パパなので早く…

「学校の当たり前をやめた」一緒に【当たり前】に疑問を持ちませんか?

皆さんは、学校にはどんな当たり前があると思いますか? 当たり前のことに改めて疑問を持つって結構難しいですよね。僕は集会の時の体育座り、授業前後の号令、生徒と一緒に取り組む掃除…などがパッと思い浮かびました。 学校って割と当たり前のことと言って…